我が家最大の90ℓの45㎝立方体キューブ水槽立ち上げどうなるか???生体はディスカス。どうなるのか!

ディスカスという魚を飼いたくなりました。

エンゼルフィッシュが熱帯魚の女王と呼ばれ

王様はディスカスと呼ばれるくらい美しい魚です。

円盤の形をしており、成魚は15㎝位になります。

ディスカス

ディスカスは育て方が

非常に難しいと言われています。

温度調節が他の魚と違ったり、

糞をよくするのでこまめに水を取り替えたり...

手のかかる魚です。

値段もピンキリありますが、

安いもので1匹3500円。

上を見たらきりがないのですが

ぼくは1匹7000円しか手が届きませんでした。

それを5~6匹も飼っていたんですが

ちょっとマニアックというか中毒ですね。

しかしながら、

成魚はとても美しくいつまでも眺められる

まさに熱帯魚の醍醐味といっても

過言ではない魚です。

完成イメージはこんな感じです。

なんでも作る前にイメージは大切ですよね。

さあやっていきましょう。

BGM さぼりch Ⓒmusicpallet

まず45㎝水槽ですね。

90ℓ水槽とあってか暑さ6㎜あります。

これAmazonで取り扱っていなくて、

よく使う魚専門通販の

チャーム

で買いました。

結構チャームという会社の紹介リンク貼っているのですが、

インターネット販売で熱帯魚関係を購入していて

ここは今までトラブルが起きたことはないです。

さぼりchさんもチャーム愛用ですよ。

90ℓ用のヒーターと上部フィルターを用意して

(白砂利は失念...ごめんなさい)

ブクブクは7色に光るLED付きのものをつかいました。

それではドッキング!

なんとかさまになってきましたね。

しかしながら

このディスカス先ほど言ったように

糞が異様に多く

砂利飼育ではなかなか掃除がやりにくいので

ベアタンク水槽飼いにしました。

ベアタンク水槽飼いとは

簡単に言えば、砂利なし飼いです。

糞が溜まれば目にとまりやすいですが

掃除さえしていればとても美しい飼い方です。

ぼくはマメな方ではないので、

底面フィルターを使ってました。

見栄えも悪くないし、掃除はフィルターがしてくれるし...

組み立て動画もありますよ↓

凝ってますねぇ…。この頃は元気だなぁ...

と年齢を感じてしまいます。

底面フィルターの突出口を

上部フィルターの吸い込み口と

合体させました。

おおー。いいですねー。

ずっと眺めていられると思っていました...

楽しい日々はそう長くは続きませんね…

それから悪夢が来ました...

2018年09月5日 

25年ぶりの強い

西日本を直撃した台風21号で停電に...

2日間停電になったので酸素も供給したり、

温度調節もうまくいかないようになりました。

必死にお湯を沸かし、水槽の温度を上げて

水替えをすることにより

新しい酸素が入った水と取り換えたんですが

全滅で助かりませんでした。

元気な時のディスカスたちです。

あの時の助けてと言わんばかりに

こちらに訴えている目は

未だに忘れることはできません。

すごく悔しくて涙があふれました。

可愛がっていたんですよ。

エサを上げるととても喜んでました。

ディスカスは頭が良く、

つがいのディスカスが弱ってきたら

もう片方が寄り添うという生き物です。

ネットではその姿に感動した

という方もいらっしゃるようです。

たかが熱帯魚されど熱帯魚。

生き物の命の尊さを改めて感じました。

スポンサーリンク
熱帯魚の独り言

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑ランキング参加。ぽちっとご協力お願いします↑

Twitterでフォローしよう