初心者が60㎝水槽にチャレンジしてみる!買い足すアクア用品もたくさん!

さてさて前回は初心者用の

少し小さめの水槽を扱いましたが

そろそろ慣れたところで

大きめの水槽で

熱帯魚を育てたくなりますよね。

ありますよ!

初心者簡単60㎝サイズ水槽セット。

一般的に水槽の大きさはアバウト

立体の一辺の長さで呼称されています。

30㎝水槽、45㎝水槽、60㎝水槽、90㎝以上...

前回は約30㎝水槽だったので

ぼくはどうせやるなら少し大きめをということで

60㎝水槽をチョイスしました。

GEX マリーナ600BKST 

LED&デュアルクリーンセット 60cm観賞魚飼育セット

水槽はなんでも構いません。

ぼくは60㎝をチョイスしましたが。

場所の関係で長さ45㎝ならそれもありです。

水槽にスリムタイプもあり、

奥行き20㎝のモノもあります。

その分お値段も安くなりますよ。

話を戻して60㎝水槽の大きさは

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :60×30×36cm

本体重量:9900g

水容量60リットル

気をつけなきゃいけないのが

9900gということで約10キロです。

ここに砂の量5~10㎏

水の重さを考えると...

約70kgになります...('_')

それなりの水槽台がいりますね。

値段のお高い家具のような水槽台もありますが、

スチール製で耐荷重の優れたもの

でているようですね。

ジェックス スチールスタンド60㎝ 2段台組み立て式

実はぼくは家にある家具の

上に載せてるんですが

やっぱり怖いです。

いつ壊れるか心配してます。

5000円ケチってあとあと数年にわたって

心配するのはちょっとしまったなと

後悔しています。

さきほどのご紹介した

ジェックスマリーナ水槽ですが

フィルターは上部フィルター

というものが入ってます。

水槽の上部に配置して、ポンプで水を吸い込み

物理的なろ過とバクテリアで分解して

汚れを浄化するものです。

前回ご紹介したものとは少し違いますが

組み立てはいたって簡単なのでご安心を。

ちなみにフィルターには

上部フィルター、底面フィルター、

外部フィルターなどがあります。

今後いろんなフィルターを使うかもしれませんね。

水草は初心者用の

アヌビアスナナミクロソリウム

を使いました。

小さな水草用の植木鉢(ポッド)に

入ってるものもありますが

木に巻き付けてあるものもあります。

後で考えると

水草はそろえた方がよかったかな...

まぁさらに別水槽買うんやったら、

違うやつでもいいかな...

あと、エビを飼う人は無農薬の水草

を選んでくださいね!

水草 アヌビアスナナ
アヌビアスナナ
水草 ミクロソリウム
ミクロソリウム

流木もあとで少し買いたして

そろえるとこんなかんじになりますね。

60㎝水槽

ちなみに生体は

ミックスプラティ、グッピー、

グラミー、カージナルテトラ数匹

です。スカスカですね。

後で思ったんですが、

種類は数匹単位で飼ってあげた方がいいですね。

なんか1匹ずつというのは

かわいそうな気がしました...

(初心者なのであとでわかることばかりです...)

水槽を大きくするときはヒーターも

60㎝水槽用のものを使用してください。

GEX スタンディSH160 熱帯魚 水槽用 ヒーター 

えらい。高くつくやんけ!

という話もありますが、

ゆっくり買い足してくださいね。

最初は、セットと砂と

ヒーターと生体くらいですね。

水草とか流木とか装飾品は

バランスを見ながら

自己流で考えてみてください。

この自己流がとても楽しいのです。

盆栽を趣味としてる気持ちが

なんとなくわかるような...

ぼく的には生体を飼育するのも

楽しいですが、

水槽を立ち上げるのも

むちゃくちゃ楽しいです!

スポンサーリンク
熱帯魚の独り言

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑ランキング参加。ぽちっとご協力お願いします↑

Twitterでフォローしよう