モーリーとプラティとグッピー。

初心者でも簡単に飼育しやすい熱帯魚と言われています。

→熱帯魚簡単飼育例の投稿はこちら。)

安価なのでどれもだいたい5匹セットや3匹ペアという形で

まとめて販売されていることが多いですね。

1.モーリー

熱帯魚 モーリー

モーリーは成魚で7㎝くらいで

安価で飼育もしやすく人気があります。

いろんな色があり黄、銀、マーブル色。

黒と金色の混合も見たことがあります。

ゴールデンライヤーテールモーリー、

シルバーライヤーテールモーリー

ダルメシアンモーリー、ブラックモーリーなどなど...

特にライヤーテールと呼ばれるものは、

尾ひれが剣のような形をしているのが特徴的です。

ぼくはかっこよくて色が鮮やかな

ゴールデンライヤーテールモーリーの

チョイスが多いですね。

○ バルーンモーリー

熱帯魚 バルーンモーリー

あと、形状がとってもかわいいモーリーもいます。

バルーンモーリーといいます。

成魚で3~4㎝くらいでちょこちょこ泳ぎます。

そのくせ相手の魚を追っかけたり。

とってもとってもかわいいです。

いつか飼育したいと思ってます。

モーリーは胎生です。

つまり産卵しないのです。

赤ちゃんで産みますよ。

水槽内で赤ちゃんを育てて成魚になり

赤ちゃんを産んで...とい世代が続いていくのも

熱帯魚飼育の醍醐味ですよ!

2.プラティ

プラティもモーリー同様飼育しやすい熱帯魚です。

色によってさまざまなプラティがいますが

尾ひれにミッキーマウスの顔の

模様が描かれているのが

熱帯魚屋さんによく売られていますね。

熱帯魚 ミッキーマウスプラティ

色とりどりのプラティでもいいのですが、

1色の方が統一感があり水槽に合いそうに感じたので

アタマが白くてお尻が赤い

レッドトップホワイトミッキーマウスプラティを飼育してます。

水草死んでますね…(>_<)

3.グッピー

グッピーはネオンテトラと並んで

もっとも有名な熱帯魚の一つです。

成魚は3~4㎝くらいでオスはキレイな尾ひれを持ちます。

それに比べてメスは地味な尾ひれをもっています。

熱帯魚 グッピー

水槽を上から覗いてグッピーを見てみた。

(大きいのはグラミー。)

実にのどかです…

一つの水槽にモーリーとプラティとグッピーを入れて

色鮮やかに飼育したいところですが、

種が混ざる恐れがあるそうです。

どれも卵胎生メダカの種なんですが、

学名上モーリーとグッピーは同じ属で

プラティが違うようです。

交雑と嫌なのでモーリーとグッピーは

一つの水槽で飼育するのは避けるようにしています。

4つあった水槽も今では2つになりましたが

2つの水槽で同じ水槽にしてはいけない熱帯魚、

エンジェルフィッシュとネオンテトラ、

モーリーとグッピー

みたいに気を付けながら

水槽を彩っていくのは楽しくて仕方ありませんねー。

Twitterでフォローしよう