発色の良さげなミックスグッピーを指定して購入

もちろん鑑賞用として発色が良いもの選ぶのは当然なんですが、

第2世代。購入したグッピーの自家繁殖も意識して購入しました。

オス・メス別に購入?

昔はミックスグッピーはオス・メス混合で10匹なんぼ。

というざっくり販売でしたね。

イエロータキシードとかちょっと名のあるグッピーは

オスいくらメスいくらで別売りで販売。

今はミックスグッピーまで

オスいくらメスいくらと販売している店もあるようです。

しかもミックスでさえオス・メスそろえると結構お高い値段。

3つがいを購入しました。

(繁殖のことを考えて5つがい買いたかったのですが先だつものがありませんでした…)

あかちゃん産まれたよ!

あかちゃん産まれました。

しかも産卵箱にいれて1日目で産んでくれたスピード出産!

通常はお産の時期がわからないので、

1週間くらい待たないとお産してくれない場合があるんです。

お母さんグッピーがんばった…!(^^)!

20匹くらいでしょうか。かわいいですね。

自家繁殖なので余計にかわいく思えます。

もうちょっとお母さんを産卵箱において

赤ちゃん産ませてもよかったんですが、

お母さんグッピーの負担も考えてすぐに水槽に戻しましたよ。

産卵箱はこれを使用しました。

ちょっとお高いですが一式そろっているので便利ですし

プラティやモーリーその他の小型の熱帯魚のお産にも使えますよ!

NO.10 ゴールデンライヤーテールを買ってみた!

にも詳細が書いてありますのでご覧ください。

お母さんグッピー

ちょっと赤白のミッキーマウスプラティが目立っていますが

右下の黄金色のグッピーがお母さんです。

今見ても少しおなかがおっきくなっていて黒く変色しています。

黒いところに赤ちゃんが詰まっているのかな…

赤ちゃんが成長してきたら水槽のレイアウト変えようかな…

いろいろ楽しみは広がりますね。

他の魚との相性について

ぼくはモーリーとプラティとグッピーを飼育しているんですが相性があります。

それについては、以前の投稿

12匹目初心者でも簡単飼育モーリーとプラティーとグッピー

をご参照ください。

なかなか奥が深いっす。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう