自分のWEBサイトの解析を行うGoogleアナリティクス

巻の9でSEOの話に触れましたね。

基本常識は沈黙シリーズで勉強して

そこからの勉強は

どれもよく似たもんだと思いますので

自分にあったものをお選びください。

さてさてSEO対策はしたのですが

成果というか分析したいですよね。

それによってWEBサイトの構造や

文書のライティング、

タグつけの変更する必要あります。

そこでGoogleからいいものが提供されています。

Googleアナリティクスです。

Googleアナティクスを使うことによって

自分のWEBサイトの

いろんな指標がわかります。

ちょっと自分の復習も兼ねて表にすると...

指標名内容
ユーザー数サイトに来た人数(同一人物カウントせず)
セッション数サイトに訪問があった回数(同一人物カウントする)
ページビューサイト全体のページが表示された回数
平均セッション時間サイトに来てから離脱するまでの平均時間
新規ユーザー数初めてサイトを訪問した人数
直帰率サイトのセッション数に対する1ページしか閲覧せずに帰ったセッションの割合
ユーザーあたりのセッション数1人あたりの平均サイト訪問数(セッション/ユーザー)
ページ/セッション1人あたりの平均閲覧ページ数(ページビュー数/セッション)

Googleアナリティクスのやさしい教科書。

手を動かしながら学ぶ

アクセス解析の基本と実践ポイント

株式会社ラグランジュポイント 山野勉 著 引用

自分的にこれわかりやすいと思います。

まだ少ししか読んでませんが...('_')

で解析すると下の写真のような感じになります。

(絶対的な数値は勘弁してくださいね。)

Googleアナリティクス

これによると、上記表の指標以外に

閲覧されている地域(市町村)

時間帯、サイトページ

など有益な情報満載です。

これを使わない手はないです。

ぼくはアマゾン Kindle Umlimitedに入っているので

読み放題の中の1冊として読んでますのでお得です。

Kindle Unlmited

月額980円でマンガ・コミック・実用書が読み放題です。

こちらは人によって良い悪いがありますので

無料体験するなりで判断してください。

皆さんもGoogleアナリティクスを使って

自分のWEBサイトを解析して

お役立てくださいね。

以上初心者なりのGoogleアナリティクスの説明でした。

スポンサーリンク
ワンちゃんのイヌスタ風ブログ(WEB作成奮闘記)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

↑ランキング参加。ぽちっとご協力お願いします↑

Twitterでフォローしよう